不足している?保育所

乳幼児など、まだ手のかかる年代のお子さんを預かり、保育をおこなう施設が保育所です。保育園などとも呼ばれていますが、今は男女ともに社会で働く世の中になっているにもかかわらず、親御さんが仕事をする間にお子さんの面倒をみてもらえるこうした施設が不足していると言われています。特に都市部では人口も多いことから不足していると言われています。

そのためにいわゆる待機児童という問題も発生しており、親御さんが働きたくても働けない状況があると言われているのです。地方などであれば地域にもよりますが、子どもを預けたいと申し出れば即座に受け入れてもらえるような環境があるのですが、東京や関東地方各県、さらには大阪や名古屋などの都市部においては預けたいと申し出てから数年待たなければならず、結局は子供の保育が必要な時期が過ぎ去ってしまったということもあります。

さらに、このような中で仕事をどうしてもしなければならない人は自分の親御さんなどに子供を預けるなど、そのほかの方法で子供のケアをしている状況があります。もちろん、行政側も各種努力によってこの待機児童問題には取り組んでいますが、なかなか新しい保育所も作られていません。そのため、今後もしばらくは保育所が不足している今の状況が継続していくと言われています。しかし、そもそも本当に不足しているのか、さらにはなぜここまで不足しているのかなど知らない人も多いはずです。そこで、ここではその現実をお届けします。


▼ 記事関連おすすめサイト ▼
保育所不足だけが問題ではなく、保育士不足も要因の一つと言えるでしょう。人材確保のため、保育士の求人は非常に多くなっています。保育士求人のみを扱う求人サイトもあり、こちらは4万件以上の求人掲載があります ⇒ 保育士 求人